血圧をさげる方法

6月 19th, 2013  / Author: yamayama01

高血圧をストレッチで治すなんて、聞いたことありますか。
私は、初めて聞きました。

ある整体の先生の話を聞きました。
末梢血管と言われる血管があります。

この血管は脚の先や、手の先などにあります。
この血管の血流が悪くなるだけで、血圧が高くなりやすいのですって。

体が硬い人は、こうした血管の血流が悪いそうです。
それで、それをほぐしてあげることで、血圧も下がります!!

手先が血行が悪いと、アキレス腱が硬くなり、ふくらはぎも硬くなって、腰も硬くなる。
腰が硬いと首も硬くなる。

首のところにある頸椎が硬くなると、血圧が上がるんだそうです。

それで、足の先をマッサージするといいのです。
指をつまんでくるくる回します。

他にも、上を向いて横になり、足を左右にぶらぶらして、ほぐしましょう。

足くび、手首をほぐすと、首のところもほぐれるので、肩こりも取れます。
体全体の血行が良くなると、当たり前ですが、血圧も下がります。

薬のんでも何しても治らないという方は、ぜひ、このストレッチを試してみましょう。
簡単です。

高血圧を治す方法

 

 

心臓肥大と血圧の関係

3月 17th, 2015  / Author: yamayama01

高血圧になると、心臓に負担が来ます。
血圧が高いところに、全身に血液を送るために、それ以上に力が必要になるからです。

この状況が続くと、心臓が負担になり、心臓の大きさが大きくなるという現象が起こります。
これが心臓肥大です。

心臓の大きさが場合によっては、2倍にまで大きくなることもあります。
放っておくと心臓が力尽き、血液を全身に送ることができなくなります。
これを、心不全というのです。

心臓が大きくなっているかどうかは、心電図、エコー、X線撮影などの検査によって分かります。
検査などをする前に自覚症状などはあるのでしょうか。

基本的に、心臓が弱ってきているので、それに伴う自覚症状があります。
全身に血液を送ることができなくなると、息が切れたり、疲れやすかったりします。
また、だるさが残るということもあります。

呼吸困難になったり、体や脚が浮腫みやすいという症状も起こります。

また、血圧が高いということは、他の臓器にも以上がある可能性があります。
腎臓などはその良い例です。

腎臓の機能が低下しますと、血圧は上がります。
血圧が上がりますので、心臓が肥大します。

一度に何度もこうした症状が起こることがあります。
病院でしっかりと検査する必要があるでしょう。

血圧が下がる魔法の飲み物

1月 26th, 2015  / Author: yamayama01

血圧は、下がらない人は本当に下がりません。
何をやっても下がらないので、血圧の薬を毎日飲んで過ごしているという人もいるはずです。

血圧の薬を飲む方法でも良いのですが、毎日薬を飲んで、あまり気持ちも良くありません。
薬の代わりに飲むものがあればよいのですが・・・・・。

あります!
血圧を下げてくれる魔法の飲み物。

それは、玉ねぎです。
玉ねぎの皮を沸騰させたお湯に入れて煮詰めます。
そうすると、茶色いお茶のような液体になります。
これを飲むと、血圧が下がるのです!

また、玉ねぎをお酢につけ多ものを食べることで、効果倍増。
玉ねぎには血液をサラサラにする効果がありますよね。

ですから、血圧を下げることができるのです。
毎日これを使用すると、必ず効果が出ます。
実際に試してみましたが、2週間後くらいから、効果が表れ始めました。

薬を飲むよりも、こちらの方が金銭的にも安いですし、身体にも良いと思います。

確実に血圧を下げる方法

1月 8th, 2015  / Author: yamayama01

なかなか下がらない血圧。
確実に血圧を下げる方法があれば良いのですが・・・・。

実はそんな方法があります。

食べるものなどをコントロールして、運動しても下がらない血圧を下げる方法です。
それは、食べる量です。

やはり、どんなに塩分控えめであったとしても、食べ過ぎてしまっていては下がる血圧も下がりません。
食べる量を減らさない限り、健康な血圧に戻ることはないのです。

実際、色々やって血圧が下がらなかったが、食べる量を減らして血圧を下げることが出来たというケースはよく聞きます。
基本的に、肥満になるということは、血圧があがるということであると理解して良いでしょう。

ですから、食べる量には最新の注意を払いましょう。

一日に食べても良い量は、1600キロカロリーと言われています。
これを守り続けることで、2週間後には確実に血圧を下げることが出来ます!!

塩分を控えてみたり、お酒をやめても血圧が下がらなかったという人も、この方法で血圧を下げているようです。

血圧を下げてくれる飲み物

12月 17th, 2014  / Author: yamayama01

お茶の中にも血圧を下げる成分が含まれています。
高血圧対策としてお茶を使用することもできます。

胡麻麦茶やドクダミ、杜仲茶といった血圧を下げてくれるお茶がたくさん売られています。
どれが一番効果があるのでしょうか。

血圧を下げてくれる成分として一番効果があるといわれているのはカテキンです。
カテキンには血圧を下げるという効果があります。
直接血圧を上げるのを防ぐだけでなく、コレステロールを排出する効果もあります。

ですから、カテキンが血圧対策としていは一番良いといわれています。
カテキンを含むも食品といえば緑茶です。

緑茶を飲んで血圧を下げましょう。
本気で緑茶効果を期待するようでしたら、飲み物をすべて緑茶に変えましょう。

ジュースやお水など、水分補給を緑茶にするのです。

それくらいの量を取り入れて初めて、血圧には良い影響があるでしょう。

もちろん運動不足、食生活に注意したうえで、緑茶で血圧を下げましょう!

一番効果のある血圧を下げる方法

12月 3rd, 2014  / Author: yamayama01

なかなか下がらない血圧。
薬を飲んでも少し高いくらいのすうちまでしか下がりません。

どうしたら、健康な人のレベルにまで血圧を下げることができるのでしょうか。
運動をすることや、食事に注意を払うことなどができることとしてよく取り上げられますが、それ以前に治さなければならないことがあります。

その一つは、ストレスです。
ストレスは、直接血圧と関係があります。

体が緊張し血管が収縮してしまうからです。
また心拍数も上がりますから、血圧は上がりやすくなります。

ストレスの原因が解決されなくては、やはり血圧は下がりません。

重度のストレスを抱えてしまっている場合、精神科医などの助けを借りることも視野に入れたほうが良いでしょう。
精神面での安定が得られれば、血圧も下がり出します。

実際、精神面での安定が得られて、血圧の薬を飲まないでも正常値まで下がったなんて話がよくあります。
ストレスを抱えないようにしましょう。