血圧をさげる方法

6月 19th, 2013  / Author: yamayama01

高血圧をストレッチで治すなんて、聞いたことありますか。
私は、初めて聞きました。

ある整体の先生の話を聞きました。
末梢血管と言われる血管があります。

この血管は脚の先や、手の先などにあります。
この血管の血流が悪くなるだけで、血圧が高くなりやすいのですって。

体が硬い人は、こうした血管の血流が悪いそうです。
それで、それをほぐしてあげることで、血圧も下がります!!

手先が血行が悪いと、アキレス腱が硬くなり、ふくらはぎも硬くなって、腰も硬くなる。
腰が硬いと首も硬くなる。

首のところにある頸椎が硬くなると、血圧が上がるんだそうです。

それで、足の先をマッサージするといいのです。
指をつまんでくるくる回します。

他にも、上を向いて横になり、足を左右にぶらぶらして、ほぐしましょう。

足くび、手首をほぐすと、首のところもほぐれるので、肩こりも取れます。
体全体の血行が良くなると、当たり前ですが、血圧も下がります。

薬のんでも何しても治らないという方は、ぜひ、このストレッチを試してみましょう。
簡単です。

高血圧を治す方法

 

 

血圧を下げてくれる飲み物

12月 17th, 2014  / Author: yamayama01

お茶の中にも血圧を下げる成分が含まれています。
高血圧対策としてお茶を使用することもできます。

胡麻麦茶やドクダミ、杜仲茶といった血圧を下げてくれるお茶がたくさん売られています。
どれが一番効果があるのでしょうか。

血圧を下げてくれる成分として一番効果があるといわれているのはカテキンです。
カテキンには血圧を下げるという効果があります。
直接血圧を上げるのを防ぐだけでなく、コレステロールを排出する効果もあります。

ですから、カテキンが血圧対策としていは一番良いといわれています。
カテキンを含むも食品といえば緑茶です。

緑茶を飲んで血圧を下げましょう。
本気で緑茶効果を期待するようでしたら、飲み物をすべて緑茶に変えましょう。

ジュースやお水など、水分補給を緑茶にするのです。

それくらいの量を取り入れて初めて、血圧には良い影響があるでしょう。

もちろん運動不足、食生活に注意したうえで、緑茶で血圧を下げましょう!

一番効果のある血圧を下げる方法

12月 3rd, 2014  / Author: yamayama01

なかなか下がらない血圧。
薬を飲んでも少し高いくらいのすうちまでしか下がりません。

どうしたら、健康な人のレベルにまで血圧を下げることができるのでしょうか。
運動をすることや、食事に注意を払うことなどができることとしてよく取り上げられますが、それ以前に治さなければならないことがあります。

その一つは、ストレスです。
ストレスは、直接血圧と関係があります。

体が緊張し血管が収縮してしまうからです。
また心拍数も上がりますから、血圧は上がりやすくなります。

ストレスの原因が解決されなくては、やはり血圧は下がりません。

重度のストレスを抱えてしまっている場合、精神科医などの助けを借りることも視野に入れたほうが良いでしょう。
精神面での安定が得られれば、血圧も下がり出します。

実際、精神面での安定が得られて、血圧の薬を飲まないでも正常値まで下がったなんて話がよくあります。
ストレスを抱えないようにしましょう。

オムロンの血圧計がオススメ

11月 7th, 2014  / Author: yamayama01

血圧の管理をしなければならないと思い、最近血圧計を買いました。
血圧計といえば、オムロンでしょう。

日本のメーカーで一番信頼できる数値を教えてくれる機器を販売しています。
私もオムロンがいいと思い、オムロンの中から探しました。

血圧計といっても色々なタイプがあります。
手首のところで計測するタイプのものと、腕の上部分で計測するものがあります。
さらには、上部上に布で巻くのではなく、固定された腕を入れるようなものが備わっているものもあります。

家庭でできるだけ正確に血圧を知りたいと思うときに、どれが一番良いのでしょうか。
いろいろ調べてみますと、腕上部に布製の計測器を巻いて計測するタイプのものが正確だということでした。

手首式の方が価格が安いのですが、やはり正確さに欠けるということで、今回は腕上部計測式のものを買いました。

値段は3800円。
腕上部計測式のタイプでは一番安いのではないかと思います。
毎日計測していますが、数値も安定していて、正確ではないかと思われます。

血圧計を買うなら、オムロン、腕上部計測タイプがおすすめです。

心筋梗塞につながるから危険

10月 13th, 2014  / Author: yamayama01

心筋梗塞が起こりやすいのは早朝です。
私の友人でも、早朝に外に出て冷えたところで心筋梗塞を発症したという人がたくさんいます。

これは調査によってはっきりしており、午前中に心筋梗塞になるケースが非常にたくさんあります。
早朝に血圧が上昇しやすいからです。

早朝高血圧なんて言われています。
自分の血圧が早朝にどのような数値なのかをいつも検査しておくのはよいことかもしれませんね。

また、心筋梗塞につながる高血圧に注意すべきこととして、コレステロールがあります。
コレステロール値が高い人は、高血圧になりやすく、これも心筋梗塞の主要な原因です。

数値によりますが、早めから対策しておけば、コレステロールによる高血圧をかなりの程度防ぐことができます。

高血圧は、心筋梗塞へとつながります。
ですから、早朝高血圧や、コレステロール値などに普段から注意をしておくことで、心筋梗塞を防ぐことができます。

効果てきめん「タオルグリップ」法

9月 25th, 2014  / Author: yamayama01

カナダの研究で発見された、血圧を下げる画期的な方法をご存知でしょうか?

NHKの番組でも取り上げられ、高血圧に悩む7人中のうち、6人の血圧が低下したという結果がでています。

方法はとても簡単で、タオルを2分握って1分休むだけ、その名も「タオルグリップ」です。

カナダの研究では、握力計を握る、その名も「ハンドグリップ」なのですが、
各家庭になかなか握力計はないということで、NHKでは、アレンジしてタオルを使っていました。

全力で握ったときの力を100とすると、その30%くらいの力で「タオルを2分握って1分休む」だけ。
これを左右2回ずつ行います。

30%くらいの力と言われても難しいですが、タオルを握ったときに指が届かないくらいの厚さにすると、
大体、30%の力になるのだそうです。

この「タオルグリップ」を週に3回行ったところ、有酸素運動や減塩を上回るほどの、
血圧を下げる効果があったそうですよ。

座ったまま、横になったままでもできるので、病気やケガで運動ができない人にもできていいですよね。